自分の脚に、挑め。
第4回しろさとTT200 2022年11月6日開催!


日本自動車研究所 城里テストセンター
(茨城県城里町)

8月10日エントリー開始

最新情報

  • 8/1 第4回開催概要を公開しました。
  •  
  •  

レベル不問。自分のチカラだけで走り切る ドラフティング禁止のタイムトライアル

ドラフティングとは、前の選手についたり集団走行で空気抵抗を減らして走ること。他の選手とは後方10m、左右それぞれ1.5m以上離れて走行する、自分の脚力にチャレンジするレースです。

風よけなんてない。
ひたすら独力で走る

前の選手の後ろにつく・仲間と先頭交代などは一切NG。
自分の力試しにもなるし、密になりません

200km、100km、
50kmから選べる

自分の走力にあった距離をチョイスできます。
200kmは8時間、100kmは4時間、50kmは2時間の競技時間が用意されています

100kmと50kmは
両方エントリー可

50kmに出場して、休憩をはさんで100kmにチャレンジすることもできます。(Wエントリー割引はありません)

路面良好な自動車テストコースで
安全に、思いっきり走れる

コースはクローズドで広大な自動車テストコース。
ミドルまたはロングディスタンス・デビューを目指しているトライアスリートはもちろん、距離に挑戦したい初心者ライダーも安心して走れます。

クリックで再生します。JARIより転載

ずーっとエアロポジションで走り続けられる
めったにない機会が好評- 第3回参加者アンケートより -

参加者のバイク比率は?

DHバー使用率91%

大会満足度は?

満足度94%
200kmノンストップ&エアロポジション維持ができる
とても走りやすく自身の目標への挑戦する良い機会になっている
コース路面も綺麗で、道幅も広く安全に楽しく走行できました
コースが良い。周回コースなのでゲストライダーの日本トップレベル走りを数回目にすることができる

会場内駐車場を大幅増設

会場内駐車場を250台用意

多くの選手が予約できるように、会場隣接の有料駐車場を増設します。
会場内駐車場は有料(1,000円)で、申込が必要です。
エントリーと同時申込はシステム上できませんので、先にエントリー申込を完了させてから、有料駐車場をお申込みください。

無料駐車場もございます。詳しくはこちら

開催日
2022年11月6日(日)
開催地
日本自動車研究所 城里テストコース(茨城県城里町)
アクセス
参加資格
18歳以上
(ただし、大会実行委員会が認めた場合は18歳未満でも出場できる。その場合は親の承諾が必要)
エントリー期間
2022年8月10日(水)~2022年9月30日(金)23:59
エントリー
主催
城里タイムトライアル実行委員会(KFC トライアスロンクラブ、Triathlon Lumina)
後援
城里町
200km
100km
50km
周回数
35
(198.32km)
18
(101.99km)
9
(51.00km)
制限時間
8時間
4時間
2時間
定員
130
80
50kmA
(8:00スタート)
70

50kmB
(9:30スタート)
70
参加費
20,000
15,000
10,000
周回数
制限時間
定員
参加費
周回数
制限時間
定員
参加費
 
 

ENJOY THE TRI
supported by SHIMANO
今回もやります! EXTRA MILE RUN チャレンジ

レース終了後にトライアスロン大会のランに最も近い条件で「ブリックラン」(バイク後のラン)に臨めるEXTRA MILE RUN チャレンジを開催。愛用トライアスリート多数の「HOKA」「On」の試し履きができます。クッション性能の高いランニングシューズをまたとない条件で試せるチャンス。

コース:調整中
距離:任意
参加費:無料
事前予約:不要
試し履きモデル:調整中

Guest Riders

TK/竹谷賢二TK-Kenji Takeya

マウンテンバイク(クロスカントリー)競技の全日本選手権優勝4回、2004年アテネ五輪日本代表。現役を退いた2012年からは、トライアスロンにも挑戦。アイアンマン世界選手権(KONA)に 8年連続出場

高岡亮寛Akihiro Takaoka

2007年頃から社会人レーサーとしてロードレースに復帰し、ツール・ド・おきなわで3連覇を含む通算6勝。アマチュアロードレースの世界選手権では2位・3位という結果を残している

松丸真幸Masayuki Matsumaru

フルタイムワーカー。プロ時代の主な成績は宮古島優勝、ロング日本チャンピオン6回、アイアンマン・ハワイ(世界選手権)プロカテゴリー出場引退後は「日本ウルトラロングディスタンストライアスロン選手権(五島長崎)」初代チャンピオン

太田麻衣子Maiko Ohta

トライアスロンスクール「ラプレム」代表。現役時代はITUサーキットで活躍、U23日本代表。2012年、2018年、2019年宮古島トライアスロンスイムトップ通過。2020年のコナスロット獲得

細田雄一Yuichi Hosoda

2000年代からエリートレースを転戦し、2010年アジア競技大会(中国・広州)金メダル、2011年日本選手権優勝など活躍。2012年ロンドン・オリンピックにはアジア王者・日本代表として出場したベテラン・エリートトライアスリート。博慈会所属

上田 藍Ai Ueda

ペリエ・グリーンタワー・ブリヂストン・稲毛インター所属。3×オリンピアンで日本選手権7勝。2016年ITU世界ランキングで3位に入るなど数々の金字塔を打ち立ててきたトップトライアスリート。2022年よりロングに主戦場を移すことを表明

ゆっくり吸収される「持続性エネルギー源」
Palatinose®で、ラストまで頑張ろう。

持久系スポーツのための
パラチノース®製品を無料配布!

本イベントの参加賞として当日お渡しする「ピュアパラスティック」は、ゆっくり吸収される持続性エネルギー源として、特にサイクルスポーツやトライアスロン、ランニングなど持久系のスポーツシーンで注目されている植物由来の糖質「パラチノース®」が含まれる製品です。「ピュアパラスティック」は他のエネルギーとの併用もおすすめです。

今回のTTでの補給はもちろん、今後のトレーニングやレースイベントなどでご活用ください。

予定参加賞
ピュアパラスティック
ピュアパラスティック 2本

エネルギー:76kcal/本

TTでのオススメ摂取例

スタート前

ピュアパラスティック1~2本を水(約500㎖)に溶かしてとる。
スタート前の補食などにプラスするのもアリ!

ピュアパラスティック
ピュアパラスティック1~2本を500mlの水などに溶かす
レース中

ピュアパラスティック1~2本を水やスポーツドリンク(約500㎖)に溶かしたドリンクを補給すると、つらい後半のパフォーマンスをサポートします。(エイドで配布予定)

ピュアパラスティック
ピュアパラスティック1~2本を500mlの水などに溶かす
リポビタンゼリー

城里テストセンター外周路

1周約5.7kmの平坦基調のオーバルコース

日本自動車研究所 城里テストセンター

茨城県東茨城郡城里町小坂1328−23

 Google Map

常磐自動車道水戸ICより車で約20分

※テストセンター内の宿泊施設はご利用できません。

自己都合によるキャンセル
および
大会中止の場合
9/30まで
エントリー料金全額返金
(エントリー手数料5%の返金はございません)
10/1以降
返金なし

今後の動向により、追加・変更されることがあります。

選手、スタッフの感染予防策を徹底します

  • 参加者は1週間前からの検温を義務とします。
  • 大会会場への入場時に全参加者の検温チェックをします。
  • 大会会場内では全員マスク着用を必着とします。
  • 参加者はコース入場直前までマスク着用必須とします。スタート後はマスクを外してもOKとします。
  • 大会会場には手洗い用の石鹸や消毒用のアルコールを完備します。

密にならない大会運営を実施します

  • 開会式、表彰式は行いません。
  • 一斉スタートではなく、個人タイムトライアル方式で、時差スタート方式を採用します。
  • リザルトは速報含め掲示しません。後日、本サイト上で発表します。

Luminaエントリーとスポーツエントリーで承ります。
いずれも事前に会員登録が必要です。
Lumina会員登録がまだの方はこちら

会場隣接の駐車場は有料・別途申込が必要です。
お申込みはLuminaエントリーで承ります
出場申込と駐車場申込を同時に決済することはシステム上できません。大会出場エントリー完了後、新たに駐車場をお申込みください。
無料駐車場は予約不要です。駐車場を確認する